読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一緒に学ぶことができる仲間へのリスペクト

最近の授業において、このことを

1年生、2年生、3年生どの代にも強く伝えています。

一人で学ぶだけなら、どこでもできる。

学校で学ぶことの良さとは何か?

タイトルに書いたようなことができるから、

学校で友達と学ぶ時間が大切だよね…こんな感じです。

 

1つの例として、1年生の生活。

今日は、単元の導入として、なぜか紙飛行機。

いきなり子どもたちに折り紙を渡し、

無言で5分間で全員に作ってもらいました。

f:id:kaichinozomi:20170130194415j:plain

よく飛ぶ紙飛行機、それを自分で考え、作ってもらいます。

他人の協力は得られず、自分の先行知識のみ。

でも、自分の頭だけが頼りだからこそ、集中して折ってもらいました。

f:id:kaichinozomi:20170130194631j:plain

で、検証。実際に飛ばします。

注意すべきは『よく』観察すること。

ただ、とんだ距離を見るのではなく、望小の子どもならば、

その「飛んでいる様子をよく見て」自分が考えて折った結果が、

どのように紙飛行機の飛び方に影響しているか、

とにかく『よく』見ないと何も得られませんね。

f:id:kaichinozomi:20170130194751j:plain

さて、そうしたら、もう一度自分の席へ。

ここで、少しだけ時間を与えます。会話ができる時間。

この時間に、自分以外の情報を得ることができます。

自分にない視点・考え方・方法を吸収できます。

自然と、人の話に耳を傾ける意識が高くなります。

そうすると、会話の雰囲気が自然に良くなります。

人の話をちゃんと聞きなさいというのは、

そういう主体的な目的意識が高ければ、それだけで

子どもたちは、自然と聞く姿勢が身につきそうですよね。

f:id:kaichinozomi:20170130194843j:plain

そして、もう一度折るチャンスを与えます。

最初に折るときと比べて「飛行結果」「他人の考え」が

自分の頭に追加されています。

フィードバックをもとに、思考できるわけです。

このときの子どもたちの集中した折る姿といったら、

本当に気持ちのいいものです。学びの姿、本当に気持ちいい。

f:id:kaichinozomi:20170130194944j:plain

そして、もう一度、飛行の様子をよく観察し…

どうでしょうか。シンプルな1時間の授業における、学びの様子。

伝わりますか? コンテンツは簡単なもの、遊びのようなもの。

でも、意識・取り組む姿勢・目的をしっかりとつかめれば、

子どもたちは多くのことを吸収できる「学び」になるわけです。

f:id:kaichinozomi:20170130195100j:plain

どうですか? 他人と一緒に学べることって、

相手に自然とリスペクトの気持ちが持てます…よね★

Unit5の探究 「私たちには資源をむだなく活用する責任がある」

子どもたちは何をしているのでしょうか?

f:id:kaichinozomi:20170125141847j:plain

 

実は、学校中のゴミを教室の1か所に集めています。1週間足らずでこんなにたくさんのゴミが集まるとは思いませんでした。毎日8Lのバケツ3~5杯分のゴミが教室・職員室から出ており、給食室からはその倍の量のゴミ(残飯も含む)が出ていることが分かりました。

 

f:id:kaichinozomi:20170125142037j:plain

子どもたちは、これらのゴミが常総環境センターへ運ばれていることを知り、実際に行ってみることにしました。

 

 

f:id:kaichinozomi:20170125142122j:plain

常総環境センターにつくとすぐにたくさんのゴミ収集車が見えます。ゴミ収集車がたくさん環境センターへ入っていく様子をみて、収集車は何台あるのだろう?という新たな疑問も出てきました。

 

f:id:kaichinozomi:20170125151213j:plain

 

常総センターで、1日にバケツ86000杯分のゴミが出ていると教えていただき、子どもたちは学校で出たごみの量と比べてとても多いこと、私たちが毎日どれだけの量のゴミを出しているのかということを知ることができました。

 

f:id:kaichinozomi:20170125151252j:plain

 

子どもたちは常総環境センターで学習したことを踏まえて、これから私たちはゴミを減らしていかなければならないと感じるようになりました。

f:id:kaichinozomi:20170125162606j:plain

f:id:kaichinozomi:20170125171951j:plain

f:id:kaichinozomi:20170125172302j:plain

さらに、疑問に思ったことを家で調べてくる子もいました。

f:id:kaichinozomi:20170125172802j:plain

煙突の長さについて考えたことがなかったので、子どもたちの疑問に驚き面白いなと感じました。また、みんなで考えていくことができるといいなと考えています。

f:id:kaichinozomi:20170125181832j:plain

子どもたちは、リサイクルをすることは大切で、そのためにゴミの分別をすることも必要だが、資源を使って新品を作り、さらにリサイクルで再生品を作ると、物の量が倍になってしまうことを、本を読んだり、動画を見たりして学習しました。

f:id:kaichinozomi:20170125174436j:plain

ゴミを減らすために、今子どもたちができることは何なのでしょうか?リサイクルするや、レジ袋をもらわないようにしようなど、大人目線ではなく、今の子どもたちが今日からできることを考えました。

 

f:id:kaichinozomi:20170125175850j:plain

f:id:kaichinozomi:20170125180932j:plain

ご飯を食べて残飯を少なくする。鉛筆の芯やクーピーを故意に折らないなど、とても些細なことですが、子どもたちは毎日実践しています。

「僕は野菜が嫌いだけど今日は給食を完食したよ!」

「最近、鉛筆や消しゴムを大切に扱ってなくしたり落としたりしないようにしているよ!」

という声を子どもたちから聞くと、自分たちで考えたaction planを実行することができていると実感ができ嬉しい限りです。

f:id:kaichinozomi:20170125181504j:plain

f:id:kaichinozomi:20170125181332j:plain

f:id:kaichinozomi:20170125181735j:plain

【2年生】 Winter School 学習の様子

Winter Schoolでは、雪と雪国のくらしについて学びました。

今回は、現地での子どもたちの学習の様子を

ワークシートと共にご紹介したいと思います^^

 

開智望小学校ウィンタースクールの様子~体験するだけではない"探究型"のフィールドワーク - kaichinozomi’s blog

公式ブログでご紹介した学び、子どもたちは

どのように、InputとOututしてくれたのでしょうか? 

 

f:id:kaichinozomi:20170116185829j:plain

 

街並み散策では、

雪国ならではの、被害やそれに伴う生活の工夫を

みんなで探しました。

 

雪国のひみつを見つけたら、その都度チェックしてビンゴを完成させます!

 

実は、1日目に越後湯沢駅に降り立った時点から、

子どもたちは、こちらが何も言わずともビンゴ完成に向けて、

すでに動き始めていました。

f:id:kaichinozomi:20170118110917j:plain

「あっ!消雪パイプ

「屋根が違う!!」

などなど……

民宿に向かうバスの中で、

子どもたちの発見の声が飛び交います。

 

そして、このビンゴのミソは、

最後は、ワークシートに載っていないものを

自分で見つけて、書かなければならないことです(ビンゴ右下)。

f:id:kaichinozomi:20170123112648p:plain

 

この子は、2日目のマイクロバスで移動中、

神社の大木が折れているのを見つけて、それを絵で描いてくれました!

f:id:kaichinozomi:20170117192334p:plain

 

ビンゴだけでなく、街並み散策で見つけたものを

自分なりにくわしくまとめます。

積雪記録は…… ↓

f:id:kaichinozomi:20170118111823j:plain

こんなふうに絵と文で表現してくれました! ↓

f:id:kaichinozomi:20170117193036p:plain

 

みんなConceptをうまく使って、

どうしてそのような形になっているのか?も

きちんと説明しています。

 

f:id:kaichinozomi:20170117192358p:plain

f:id:kaichinozomi:20170117191941p:plain

 

夜は、民宿のお父さんにインタビューをして、

雪国にくらす人の生の声を聞くことができました。

 

f:id:kaichinozomi:20170123112439j:plain

f:id:kaichinozomi:20170123112446j:plain

 

メモのページを用意していましたが、

みんな驚くほど熱心にメモを取っていました!

すごくないですか!?

f:id:kaichinozomi:20170123105616p:plain

f:id:kaichinozomi:20170123105834p:plain

なかには、4枚すべてにびっしり書いてくれた子も! ↓

f:id:kaichinozomi:20170123104811p:plain

f:id:kaichinozomi:20170123104751p:plain

 

発表に向けてのまとめページも、

時間に余裕ができたら行う予定で作成しましたが、

みんなやる気まんまんで頑張りました!

f:id:kaichinozomi:20170123105403p:plain

f:id:kaichinozomi:20170123105518p:plain

f:id:kaichinozomi:20170123110804p:plain

 

実際に、雪国に足を運んで、

その雪や雪国のくらしを見て(視覚)

インタビューで聴いて(聴覚)、

雪で遊んで(触覚)……

五感をフル活用して、さまざまなことを学ぶことができました!

f:id:kaichinozomi:20170123110742p:plain

f:id:kaichinozomi:20170123110612p:plain

f:id:kaichinozomi:20170123110904p:plain

 

このように、とても充実した3日間を過ごすことができました。

 

ここでご紹介できたのはほんのわずかですが、

全員分紹介したいくらい、本当に驚くほど書いてくれています!!

来年の夏のフィールドワークでも、

さらにパワーアップした姿をみせてくれることでしょう^^

 

説明会で実施した年中対象ワークショップの様子

多くの方にお越しいただいた、本日の説明会。

年中の子どもたちは、保護者の皆さまが説明会に

参加されている間、望小の学びを取り入れた

ワークショップに参加していました。

 

今回のテーマは、「じしゃく」。

工作を混ぜながら、じしゃくについて

少し考えて、遊んでもらいました。

 

最初は、Ice Break。

望小での学びで大切な要素の1つである、

「よく観察する」ことを意識させる中身で、

子どもたちの緊張をほぐしました。

 

この流れから、こどもたちにはじしゃくを配ります。

まずはよく観察します。色、形、大きさ。

さらに聞いてみると、転がしたときの音や

においについても話をしてくれました。

 

まわりの子とじしゃくを近づけてもらうと、

じしゃくがくっついて、わくわくが高まります。

机のあしにじしゃくがくっつき、かと思うと、

「本当にじしゃくはくっつくだけ??」

などと問いかけながら、

じしゃくの性質への興味関心を高めます。

 

今度はじしゃくの性質を利用したおもちゃの動画を見てもらい、

自分たちもおもちゃを作ってみたい!という気持ちを高めます。

そこで、今回子どもたちには、電車を工作してもらいました。

 

窓やドアのパーツを用意しておき、それらを車体に貼りながら、

さらに自分たちで、絵をかき、色を塗り、折り紙をはり…

それぞれが自分たちの個性を出して、車体を作ります。

できあがると、車輪、それから前後にじしゃくをくっつけ、完成!

みんな、思い思いに電車を動かして、楽しみます。

 

その中で、まわりの子の電車同士をつなげていきます。

また、壁にも電車がくっつく

(つまりじしゃくがつく)ことに気がついたり、

電車同士がくっつかないこともあることに気がついたり…

まさに、遊びながら、

たくさんの気づきと新たな疑問をもっていきます。

 

f:id:kaichinozomi:20170123084817j:plain

 

f:id:kaichinozomi:20170123084830j:plain

約50名の子が参加したので、

最後はみんなで廊下で電車を連結させてみました。

つながった電車の数を数える子もいたり、

ネイティブの教員と英語で話をしたり…

子どもたちの個性をたくさん見ることができました。

 

子どもたちは電車を持ち帰り、

きっと家でもう少し遊ぶでしょう。

今回の電車作りに使ったアイテムは、

牛乳パック、竹ひご、ペットボトルキャップ、洗濯ばさみ…

どれもこれもすぐに手に入るもので、

こうした身近なもので遊ぶものを作り、手軽に探究できる環境が

子どもたちにとっても、有意義であると考えます。

 

f:id:kaichinozomi:20170123084843j:plain

f:id:kaichinozomi:20170123084844j:plain

f:id:kaichinozomi:20170123084848j:plain

 

また、この過程の中で、子どもたちの持つ様々な知性、

つまりMultiple Intelligenceも意識していることを

ご理解いただけると思います。

子どもたちが楽しそうに、お迎えに来た保護者の方に

じしゃくのついた電車を説明している様子を見て、

もっともっと探究的な学びに触れてほしいと改めて感じました。

 

ぜひぜひ、今後もたくさんの子どもたちに、

望小の探究的な学びに触れてほしいと思います。

対話による思考の深化

先週の3年生の探究は、

「私たちは 未来を 選択する ことができる」

のセントラルアイデアの導入として、

ゲームを用いた様子を紹介しました。

今回は、今日の授業の様子として、

対話によって思考を深めた時間を紹介します。

 

今週、子どもたちは、1月第3月曜日が

キング牧師(Matrin Luther King Jr.)の記念日ということで、

キング牧師が生涯に渡って取ってきた行動について、

読み聞かせを行い、その話の背景について探究的に学びました。

 

この自分たちで調べた背景を踏まえ、

キング牧師が未来を変えるために選択した

「暴力ではなく、言葉で人々に伝えていく」

ということについて、自分の考えを持った状態で、

今日は班のメンバーと対話をして、

自分の考えを深める時間を持ちました。

f:id:kaichinozomi:20170120215156j:plain

対話のルールです。

考える時間を楽しんでほしい。

自分の考えを深めるために、相手の話を聞く。

こんな感じです。

f:id:kaichinozomi:20170120214534j:plain

対話の様子です。

床でひざを突き合わせて!じっくり対話してもらいました。

f:id:kaichinozomi:20170120215356j:plain

10分弱の対話を終え、対話前に書いてもらった

自分の考えに対し、対話後の考えを書いてもらうと、

子どもたちの中には、他の人の考えを聞くことで、

自分の考えに具体性が増したり、少し違う考えに

たどり着いた子がいたようでした。

 

さらに、相手の話を聞くことが楽しい。

もっと相手の話を聞きたい…こんなコメントが

振り返りからはたくさん見ることができました。

 

学びを通じて、子どもたちの生きるために必要なスキルも、

身につくような時間、ほんとうに貴重で素敵なことだと思います。

今後も、考える力を伸ばし、学び方を身につけていきながら、

我々大人の想像も簡単に超えてしまうような存在になってほしいです。

【2年生】 Winter School むつみ荘グループ

2月11~13日、2年生は、ウィンタースクールで

新潟県六日町に行ってきました。

日本全国でも稀にみる豪雪地帯で

雪と雪国の人のくらしを学習するのが目的です。

 

詳しくは、望小学校公式ブログをご覧下さい。

開智望小学校ウィンタースクールの様子~体験するだけではない"探究型"のフィールドワーク - kaichinozomi’s blog

 

 

 当日は、東京駅に集合!

みんなこれから始まるWinter Schoolにわくわくです。

f:id:kaichinozomi:20170116185623j:plain

f:id:kaichinozomi:20170116185631j:plain

f:id:kaichinozomi:20170116185636j:plain

f:id:kaichinozomi:20170116185643j:plain

 

新幹線で1時間半かけて、越後湯沢駅まで移動しました。

上毛高原のあたりから雪が見え始め、

テンションが上がってきました!

f:id:kaichinozomi:20170116185648j:plain

f:id:kaichinozomi:20170116185654j:plain

f:id:kaichinozomi:20170116185658j:plain

 

到着して新潟の寒さにびっくり!

お世話になる民宿のお父さんに

きちんとご挨拶をしました。

f:id:kaichinozomi:20170116185703j:plain

f:id:kaichinozomi:20170116185709j:plain

 

マイクロバスでそれぞれの民宿に向かいます。

すでに雪がちらほら降っていました。

f:id:kaichinozomi:20170116185714j:plain

f:id:kaichinozomi:20170116185719j:plain

民宿までバスで30分。

移動中にも、雪国特有の街並みをみんな興味深く観察していました。

前を走るひいらぎ山荘行のバスから手を振ってくれています^^

f:id:kaichinozomi:20170116185727j:plain

 

民宿についたら、みんなで昼食です。

1日目はパスタ、二日目はカレーでした!

みんなたくさんおかわりしていっぱい食べました。

f:id:kaichinozomi:20170116185732j:plain

 

ごはんを食べたら、いよいよ雪遊びに出発です。

f:id:kaichinozomi:20170116185736j:plain

お揃いのウェアに着替え、準備万端!

f:id:kaichinozomi:20170116185739j:plain

 

事前に教員が下見した安全な場所に移動し、

さあ雪遊びのスタートです!

f:id:kaichinozomi:20170116191035j:plain

f:id:kaichinozomi:20170117185827j:plain

 

2日目は、街並み散策にでかけました!

今日も雪がしんしんと降っています。

雪国のくらしを思いっきり体感しました(笑)

f:id:kaichinozomi:20170116185817j:plain

がんぎや消雪パイプなどを発見!

f:id:kaichinozomi:20170116185825j:plain

f:id:kaichinozomi:20170116185829j:plain

f:id:kaichinozomi:20170116185833j:plain

帰宅後は、ワークシートをかきます。

このワークシート!みんなとっても頑張って書いてくれました!

後ほどご紹介致します^^

f:id:kaichinozomi:20170116185754j:plain

 

学習面では頑張りましたが、生活面はみんなまだまだ課題あり(笑)

ものの管理一緒に頑張っていきましょう!

 f:id:kaichinozomi:20170116185849j:plain

 

民宿のお部屋ではみんなくつろいだ様子^^

今回は、ユニットをまたいだ班での活動なので、

たくさんお話したり、遊んだりして、

隙間時間も仲良く楽しく過ごしました。

f:id:kaichinozomi:20170116185843j:plain

f:id:kaichinozomi:20170116185806j:plain

f:id:kaichinozomi:20170116185802j:plain

 

お風呂のあとは、みんなで夕ご飯を食べました。

1日目のメインはハンバーグ、2日目はから揚げでした!

f:id:kaichinozomi:20170116185857j:plain

 

最終日は、一人ずつ、

このWinter Schoolで何を学んだか、

発表しました。

f:id:kaichinozomi:20170116185902j:plain

 

また、お世話になったむつみ荘のお父さんお母さんに

寄せ書きをお渡しし、みんなでご挨拶をしました。

f:id:kaichinozomi:20170116185908j:plain

 

多くの児童が、Winter Schoolの目的を自分なりに理解し、

大きな成長を見せてくれました。

また、ホームシックでずっと泣いてしまった子たちも最終日には、

少したくましい顔つきになっていました。

 

ひいらぎ山荘の様子はまた後ほど、ご紹介致します。

探究の授業!…って、これ、何してるの??

今週、2年生は、水曜日から今日金曜日まで、

ウィンタースクールで新潟県南魚沼市の六日町に行っています。

 

学校には、ちょっと寂しく1年生と3年生だけ。

1年生はしっかりと毎日学校生活を送っていました。

ふと思うと、入学時から比べて、頼もしくなったと感じます。

 

私が担当している3年生も、

いつも下級生の面倒を見るモードからちょっとだけ解放され?

自分たちだけの時は甘えつつも、しっかり1年生をフォローし、

以前より落ち着き、成長している様子を感じます。

 

先日のテレビ放映では、3年生の授業の様子が映されていましたが、

普段の「楽しくしっかりと学んでいる様子」が、

本当にそのまま画面越しに感じられたことが印象的です。

 

そんな3年生、3学期の探究、最初のユニットのセントラルアイデアは、

 「私たちは 未来を 選択する ことができる」

いろいろなトピックを通じて、このことを深く学んでいきます。

最初は導入として、ちょっと変わったところから…

f:id:kaichinozomi:20170114164848j:plain

えーっと…みんなでゲームしてます(笑)

f:id:kaichinozomi:20170114164911j:plain

こんなものや、

f:id:kaichinozomi:20170114164955j:plain

こんなもの。

ボードゲーム、カードゲーム、勿論種類はたくさんありますが、

どれもこれも、勝つこと(勝ちにもいろいろありますが)を目指して

自分で選択をして、その結果として勝敗につながる…

こんなモデルととらえることができます。

 

まずは、純粋に、興味関心をもつための動機づけというところからでした。

ここから、このセントラルアイデアの奥深くに入っていきます。

選択に用いられる、私たちの価値観…こういうところまで進みたいですね★