読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸術鑑賞会

11月11日、芸術鑑賞会が開催されました。

今年度の芸術鑑賞会では、プロの音楽家の方々が

子どもたちのために楽曲を演奏して下さいました。

 

f:id:kaichinozomi:20161117105443j:plain

作曲:Babiさん(写真左)

歌:岩松桃子さん(写真中央)

サックス:大石俊太郎さん(写真右)

による演奏会です。

 

f:id:kaichinozomi:20161117105434j:plain

 Babiさん(写真左)は、ユニクロハーゲンダッツ、明治などなど

様々なCMの楽曲を手掛けており、

CDアルバムもリリースされています。

 

Babiさんのセカンドアルバム(クリックで詳細が見れます。)

f:id:kaichinozomi:20161117162957j:plain

 

 

プログラムは望小学校の子どもたちのために特別に

構成して下さったもので、

投影資料もこの日のためにわざわざ

プロのイラストレーターの方に描いていただいたものだそうです!f:id:kaichinozomi:20161117105448j:plain

f:id:kaichinozomi:20161117105428j:plain

こどもたちも真剣な表情でステージを見つめています。

 

 

 

f:id:kaichinozomi:20161117105506j:plain

様々な楽曲の演奏だけでなく、

Babiさんのお仕事の紹介やどのように作曲をしているのか、

また岩松さんが歌声をどのように変化させるのかなど

音楽作りの仕組みについてもお話して下さいました。

 

f:id:kaichinozomi:20161117105735j:plain

サックス奏者の大石俊太郎さんが

実際に2種類のサックスを演奏して、

サックスという楽器の歴史や

楽器の大きさと音の高さの関係などFormとFunctionに関わる

お話もして下さいました。

 

 

f:id:kaichinozomi:20161117105752j:plain

f:id:kaichinozomi:20161117105758j:plain

オリジナルの映像と音楽に、生演奏を足すことで、

音楽がどんな風に変化するか?

子どもたちに、映像と朗読、録音と生演奏の

融合と変化を感じてもらうことができました。

 

f:id:kaichinozomi:20161117105803j:plain

みんな食い入るようにステージを見つめ、

手拍子したり、演奏後に満面の笑顔で拍手を送っていました。

 

 

 

また、作曲は実は身近なものでもできる!

日常の様々なものが音楽になる!

というBabiさんのメッセージから

野菜を切る音を使って、子どもたちも音楽づくりに参加しました。

f:id:kaichinozomi:20161117105959j:plain

f:id:kaichinozomi:20161117105857j:plain

f:id:kaichinozomi:20161117105930j:plain

f:id:kaichinozomi:20161117105938j:plain

 

 

 

最後には、子どもたちが感謝の気持ちを述べて、

御礼の花束をお渡ししました。

f:id:kaichinozomi:20161117110016j:plain

f:id:kaichinozomi:20161117110027j:plain

 

鑑賞会終了後のふりかえりでは、

こどもたち一人一人が一生懸命、Babiさんたちへ

感想のお手紙を書いていました。

f:id:kaichinozomi:20161117110032j:plain

f:id:kaichinozomi:20161117110036j:plain

 

ピアノやヴァイオリンを習う子も多く、

音楽が大好きな望小学校の子どもたち。

 

きっと心に残る芸術鑑賞会になったと思います。

 

Babiさんをはじめとする5名のアーティストの方々、

本当にどうもありがとうございました。