読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

算数の中学入試問題を小学校3年生が…

なかなか、「むむっ?」というタイトルですが、

冗談ではなく、真面目な話。

 

これは、私が担当する3年生の算数の授業にて。

現在、小数のかけ算・わり算を学ぶ子どもたち。

ただ単に、ひっ算でやり方を学ぶのではなく、

 Lv.1 なんでもいいから計算できる

 Lv.2 ひっ算で計算できる

 Lv.3 ひっ算の仕組みを説明できる

 Lv.4 絵(線分図など)を用いて計算の意味を理解できる

こんな感じで子どもたちは授業で難しい顔をしながら、

友だちの発言に考えを膨らませながら、学んでいます。

 

先日の記載の通り、最近盛んに主張しているのは、

「友だちの発言をよく聞いて、そこに考えをのせること」

こんなことです。自分の考えを話したい話したい!

という子は、その前の子の発言を聞いてない(笑)

それはちょっともったいないので、よく聞かせます。

その姿勢は、今ではなく、きっともう少し先、

答えがわからない問題解決の連続のとき、

きっと本当に大きな効果を生むと思います。

 

さて、そんな中、ちょっと思考系の力もつけようと、

過去の中学入試の問題に取り組んでもらいました。

 「何人かの子どもに1人16枚ずつカードを配ったところ

  8枚足りませんでした。10人の子どもが加わったので、

  今度は1人12枚ずつ配ったところ24枚余りました。

  カードは全部で何枚ありますか。」

(出題:明治大付明治中)

 

さあ、皆さんはどのように解きますか?

そして、小学校3年生は、どのように解けそうですか?

「探究的な学び」をしている望小の3年生だからこそ、

解けるという取り組み方があります。

 

続きは、算数科の学び方として以下にアップしました。

ぜひ、望小の算数の学びの狙いを味わってくださいませ★

kaichinozomi.hatenablog.com