読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学年が増えて…

学校生活が始まり、最初の1週間、

特に1年生は、学校での1日の流れになれるため、

毎日自分のことで精一杯な様子。

 

どこに行ったらいいか、

次の動きはいつからか、

誰と一緒に行動するか…

何から何まで新しいことの連続で、

きっと相当目まぐるしい流れと感じていたと思います。

 

そんな時、頼りになるのが上級生の存在。

異学年でのホームでは、上級生のサポートが、

下級生にとって本当に大きな支えになります。

また、こうして上級生となる子どもたちは

どんどん成長していくことになります。

 

今年は、4年生となった最上級生。

今の状況では、毎年最上級生という役割になりますが、

さらに下級生が増え、自分たちで動けることを

これまで以上に求められているかもしれません。

 

1年生が下校前に、早く着替え終わった教室で、

まだ着替えている子たちを待つ間、時間を持てあます子たちに

4年生が読み聞かせをしている様子です。

f:id:kaichinozomi:20170422204740j:plain

上級生の存在に対して、1年生は自然と

吸い込まれ、落ち着き、集中していきます。

f:id:kaichinozomi:20170422205025j:plain

たくさんの1年生に囲まれる先輩。

小さいころから、支え、支えられる環境を

毎日経験できることでどんな風に子どもたちは成長するか、

今後もぜひ紹介していきたいと思います!