開智望小学校 日頃の生活のBlog ご案内

開智望小学校に興味関心を持っていただき、ありがとうございます。

 

こちらには、日頃の学校生活の様子を、

写真などとともに、こまめにお伝えできればと思っています。

 

ぜひ、開智望の普段の様子を知るご参考になればと思います。

 

なお、こうした日頃の様子の背景には、

学校として大切にしている教育内容との関連が当然ございます。

そういった、教育の視点からのお話は、

kaichinozomi.hatenablog.com

こちらの方に記載しておりますので、

ぜひ、あわせてご覧いただきますと、学校生活と教育内容の関連を

深くご理解いただけると思います。

 

それでは、開智望小学校を存分にお楽しみください!

のぞみ小としての特徴的なスタートの様子

今週から、いよいよ少しずつ形を整えて、

新年度の学びに向けた準備が進められています。

 

過去の学校説明会でもお話していることですが、

のぞみ小独自の特徴がいくつかあります。

 

クラスの授業では、

国際バカロレア初等教育プログラムを導入していて、

それぞれのクラスでは、子どもたち自身が、

自分たちで守るべきものとして、

エッセンシャルアグリーメント(EA)を決めて、

主体的に学びの場を作りあげていきます。

 

授業に必要な様々な係を決めたり、

1年間の探究・国語・算数の見通しを確認して、

早速導入に入ったり…

それぞれの学年・クラスが楽しそうに

学びの時間をスタートさせていました。

 

ホーム(異学年学級)でも、

アイスブレイク、必要な係、目標を決めて、

上級生が下級生の面倒を見ながら、

自分たちで環境を作りあげています。

 

開智として、そしてのぞみ小として、

主体的な場、子どもたちが中心となって輝く場、

これらがあちらこちらに意識されて、

周囲に発信される大きなエネルギーとなるのです。

 

88人の夢をのせて…平成30年度入学式

たくさんの笑顔が見られる素敵な一日。

祝電もいただいています。

f:id:kaichinozomi:20180420222248j:plain

ドキドキがこちらにも伝わってきます!

f:id:kaichinozomi:20180420222446j:plain

在校生からの気持ちも伝わるように…

f:id:kaichinozomi:20180420222544j:plain

上級生に導かれ、いざ、入場。

f:id:kaichinozomi:20180421110850j:plain

開智学園の入学式や進級式、そして卒業式は、

伝統的に独特なものがあります。

f:id:kaichinozomi:20180420222824j:plain

進級式では一人ひとりがこれからの目標を発信し、

卒業式では一人ひとりがこれまでの感謝を発信し、

のぞみ小ではまだ、進級式や卒業式といった行事は

まだ該当学年が存在しないため、ありません。

しかし、入学式において、全新入生は、

自分の夢を、一人ひとり来校者と在校生全員の前で発表します。

f:id:kaichinozomi:20180420222944j:plain

きっと、本当に緊張する場面だと思います。

子どもたちのこれまで6年間の人生の中で、

最も緊張する場面ではないでしょうか。

そんな場面を上級生がそばで見守ってくれます。

f:id:kaichinozomi:20180420223105j:plain

一人ひとりのメッセージはとても純粋で力強く、

私たち周囲の存在が、「応援したい!」と思える

一人ひとりの思いが会場全体に広がっていきます。

f:id:kaichinozomi:20180420223234j:plain

誓いの言葉を熱く語り…

f:id:kaichinozomi:20180420223351j:plain

在校生代表が迎え入れるあたたかい言葉。

f:id:kaichinozomi:20180420223524j:plain

今日のこの日を忘れずに。

常に自分たちの原点としての、この夢宣言。

心の奥に大切にしまい込みながらも、

いつも振り返ることができる、

そんな言葉であってほしいと思います。

f:id:kaichinozomi:20180420223638j:plain

平成30年度 開智のぞみ小学校のスタート

4月6日(金)、子どもたちにとっての

新たな一年間がスタートしました。

 

昇降口に貼られている

新しいホーム(異学年学級)の名簿を見て、

自分の名前を探しながら、

子どもたちはわいわいと教室に入っていきます。

 

お互いの存在を教室で確認した後、始業式。

 f:id:kaichinozomi:20180420203715j:plain

校長先生から、前年度の修了式に続き、

英語の言葉が伝えられました。

 Genius is 1 percent inspiration and 99 percent perspiration.

誰の言葉か、おわかりですよね?

f:id:kaichinozomi:20180420204728j:plain

それから、今年度からのぞみ小にきました、

小林校長代理からもお話がありました。

 「こ」「こ」「だ」

なんの頭文字か、わかりますか?

ヒントは、覚えてほしいもの…です。

 

その後、転入生・新しい先生方の紹介、そして

児童の表彰がありました。(詳しくは、こちら

f:id:kaichinozomi:20180420210925j:plain

その後、ホームやクラス(学年の授業のクラス)で

最初の時間を過ごし、4・5年生は入学式の準備。

翌日に控えた入学式に向けて、子どもたちが

丁寧に会場の準備をしてくれました。

 

いよいよ、昨年度までの子どもたちに、

さらに88名の新入生を迎え、

今年度ののぞみ小学校が幕を開けます★

子どもたちを迎える準備は様々で…

新年度が始まりました。

開智学園は、のぞみ小だけでなく、埼玉・東京・千葉にもある

学園内の系列校の教職員が一堂に会して、

新年度の初日に今年度の学園の方針を聞いたり、

講演者のお話を聞いたりして、一年がスタートします。

 

そんな昨日のスタートから一夜明けて、

今日からはのぞみ小で、

子どもたちを受け入れる準備を進めていきます。

f:id:kaichinozomi:20180403190105j:plain

物理的な準備は勿論のこと、

準備も視点(Perspective)を変えればいろいろあります。

子どもたちに開智としての探究型の学びを実践するため、

教員同士で、探究型の授業に関する研修を実施しました。

f:id:kaichinozomi:20180403202959j:plain

先日、一部の教員は、PYPのワークショップを受講しましたが、

今日は今年度の教員全員で、学びについて考える機会を設けました。

今日も、学びのポイントとしては、

・みんなで学んでいく上て、見る力・聞く力の重要性

・子どもたちへの声掛け次第で、意識・学びの深さが激変

・8つのキーコンセプト(PYP)を意識した問いかけ

・いくつかの具体的なことから上位概念を考える仕掛け

・子どもたちに学びの中で「Attitude」「Lerner Profile」を意識付け

などなど…授業者として子どもたちに対して意識したいこと。

f:id:kaichinozomi:20180403190320j:plain

 アイスブレイク(手前に写っているお弁当トランプ)で、

見る力・聞く力を意識することの重要性を理解しました。

そのあと「思いやり」「リーダーシップ」について

これまでの知識や経験(先行知識)をお互いに共有して、

意識した聞く力を使って、さらに思考してもらいました。

(この皆さんの素敵な聞く姿勢、いいですね★)

f:id:kaichinozomi:20180403191928j:plain

「思いやりとは何か」「リーダーシップとは何か」

こうした疑問と仮説を考えたら、今度は検証。

みんなで取り組んだのは「ACHIEVUS」というボードゲーム

f:id:kaichinozomi:20180403192659j:plain

細かく説明するのは大変なので省略しますが、

17の原則のカードを自分の場に全部出せればOK。

ただし、自分だけでなく「全員が」出せれば達成!

ルールを覚える練習をして、いざ、みんなでスタート。

かけ声は…「アチーバス…(私)」

f:id:kaichinozomi:20180403192532j:plain

「GO!!!(みんな)」いい表情ですね(笑)

f:id:kaichinozomi:20180403195937j:plain f:id:kaichinozomi:20180403200032j:plain

f:id:kaichinozomi:20180403200147j:plain f:id:kaichinozomi:20180403200256j:plain

f:id:kaichinozomi:20180403200351j:plain f:id:kaichinozomi:20180403200556j:plain

学びの様子(遊んでいる様子??)の楽しさは、

これらで十分伝わりますよね★

f:id:kaichinozomi:20180403200728j:plain f:id:kaichinozomi:20180403201638j:plain

単純なゲームとしての楽しさだけでなく、

学びのコンテンツになるような意識付けも忘れません。

f:id:kaichinozomi:20180403200958j:plain

これは、管理職による教え込み!?

(参加者に自ら気づかせないといけませんね★)

f:id:kaichinozomi:20180403201831j:plain f:id:kaichinozomi:20180403202457j:plain

f:id:kaichinozomi:20180403202538j:plain f:id:kaichinozomi:20180403202638j:plain

f:id:kaichinozomi:20180403202717j:plain f:id:kaichinozomi:20180403202811j:plain

ゲームの後は、いつも通りしっかりと「Reflection」。

あらためて「思いやり」「リーダーシップ」とは…

(探究サイクルで言うと、検証後の「考察」ですね)

f:id:kaichinozomi:20180403202055j:plain f:id:kaichinozomi:20180403202150j:plain

ただ振り返ってもいいですが、やはり、

キーコンセプトを用いながら考えることが大切(左)。

そして、今回の経験・ゲーム前に確認した過去の経験や知識、

そして、今日はしていませんが、思いやりやリーダーシップを

発揮した人についてのストーリーを国語や社会で扱って、

それらのトピックからどれにも共通して見えてくる本質を、

セントラルアイデアとして自分たちで導いていく(右)。

f:id:kaichinozomi:20180403203406j:plain

 うらの目標としては、このゲームが持っている

「協力することの大切さ」を教員組織の中でも

あらためて意識して1年間みんなでがんばれるように…

 

深い学びと楽しい時間を通じてのたくさんの気づき。

さあ、子どもたちを迎え入れる準備は、ここからです★

祝!IB PYP認定校★そしてそれは、新たなスタート…

HPでもお伝えしております通り、

今週、2018年03月26日(月)、

国際バカロレア初等教育プログラム、つまり

IB PYP認定校の仲間入りとなりました!!

 

学童などで送迎される保護者の方からも、

嬉しいという言葉をいただきました。

教職員一同、この報告をとても嬉しく思います。

 

一条校(インターナショナルスクールではない、いわゆる小学校)

としてのIB PYP認定は、国内2校目となります。

そして、今後はさらに、当初の予定通り、

中高一貫教育の実現、つまりMYP・DPについても

導入に向けての動きが進むことになります。

 

私たち開智のぞみ小学校は、

当然ですが、これがゴールではなく、

いよいよスタートラインに立ったという認識です。

 

そしてその主役は、子どもたち一人ひとりです。

開智学園の伝統を受け継いでいる探究型の学び、

そしてIB PYP認定校として、

教科を超えたテーマで概念的に思考する学び。

 

単純なバカロレアのプログラムの導入ではなく、

これまでの日本の教育のいいところもしっかりと吟味し、

これからの時代に活躍できる子どもたちを育成できるよう、

日々、教育に磨きをかけて、子どもたちと共に

楽しく、そして深く学んでいきたいと思います。

 

そんな中、昨日と今日は、

IB PYPのワークショップ(研修)の日でした。

 f:id:kaichinozomi:20180330192813j:plain

初日の様子です。

 

おまけですが、私たちのグループが

1日目の学びの内容を要約して、

2日目の朝に発表したときの発表物です。

どんなことが学べたのか、想像してみてください。

皆さんの仮説が楽しみです。

f:id:kaichinozomi:20180331203413j:plain f:id:kaichinozomi:20180331202934j:plain

f:id:kaichinozomi:20180331202958j:plain f:id:kaichinozomi:20180331203022j:plain

f:id:kaichinozomi:20180331203055j:plain f:id:kaichinozomi:20180331203118j:plain

国際バカロレアのワークショップは、

質が高いことでも知られており、

教員がこのような研修を受けられることは、

導入することのメリットの1つとされます。

 

実際、この2日間の学びは、気づきが多く、

学んでいる内容が、自分たちで実践しながら、

メタ認知として理解を深める形になっていて、

そして自分たちで考える時間が圧倒的に多く、

非常に密度の濃い時間を過ごすことができます。

 

IB認定校として、私たち自身も

「学ぶこと」の理解を深め、

新年度、子どもたちとの学びの時間を

心待ちにしたいと思います。

 

平成30年度、更なるのぞみ小の躍進を目指し、

自分たち自身への期待をこめて…

平成30年度 第1回学校説明会 開催報告

※写真が撮れていませんので、文章のみになります。

こちらのBlogでも、2月中旬に開催した、

大人のワークショップの様子をお伝えしましたが、

いよいよ今日から、来年4月に入学に向けた

本校主催の学校説明会がスタートいたしました。

 

今回は、スタートということで、

のぞみ小について1つ1つ細かくお伝えするレベル感ではなく、

子育てに対する考え方や、子どもたちが成長した先の社会について、

参加していただいた皆さんにイメージを持っていただけることを

念頭に置いて、コンテンツを用意いたしました。

 

親野智可等さん「親力で決まる子どもの将来」~

 

親野さんは、年間100本程度に及ぶ講演をされ、

自身の小学校教員23年の経験を踏まえ、

子育てする親への働きかけを、こうした講演や書籍を通して

されており、多方面でご活躍されています。

 

講演前にお話しさせていただきましたが、

子育てにおけるアドバイス内容のもととなる考え方において、

のぞみ小が普段から意識していること、

のぞみ小が実現したい教育のアプローチ、

のぞみ小の学びの背景にある考え方など、

非常に親和性が高いことを感じずにはいられませんでした。

 

お話を聞いた参加者のアンケートを見ると、

すぐにでも使えそうなこと、考え方の変換、耳の痛い話!?など

有意義な時間を過ごされたと感じる保護者の方が

非常に多かったようです。

 

続いて、

~校長青木「2020年からの大学入試とのぞみ小の教育」~

 

今回、特に力点が置かれていたのは、

今の子どもたちが大人になるころの社会の様子。

 

校長がよく話をすることの1つとして、

人工知能の発展により、

 ロボットやコンピュータができることは

 複雑多岐にわたるようになっている。

 その中で、人工知能ができること・得意な部分、

 そして、人間だからこそできること・得意な部分。

 子どもたちには、常にそれぞれの視点で考えて、

 自分たちが何をすればいいか、どんなことを

 どんな風に学んだらいいか、考えてほしい。」

こんなメッセージがあります。

 

子どもたちに、考える力を身につけさせるのは、何のためか?

子どもたちが国際社会に貢献するリーダーとなるために、

子どもたちが出ていく社会の様子を見据えて、

開智のぞみ小が実践していく教育を、

ここから少しずつ皆さんに説明会を通して、

お伝えしていくことになります。

  校長の話をもう少し聞きたい!という要望が多く、

  次回の第2回説明会で、その時間を用意する方向で検討しています。

 

 

最後に私からもお伝えしましたが、

皆さんがスタートした「自分のお子さまの探究」。

ぜひ、様々な角度からお子さまを理解していただき、

のぞみ小の学びがさらにお子さまの力を伸ばせる環境かどうか、

説明会を通して調査・検証・考察していただければと思います。

 

次回、4月28日(土)の説明会、申し込み受付中です!

HPから、ご予約ください。皆さんのお越しをお待ちしております!