ついに連絡通路「きずな橋」が開通! この橋がつなぐもの…

2019年3月28日木曜日、

一つの大きな節目となる日になりました。

 

これまで、関東鉄道新守谷駅のホームから

目の前に見えていた、開智のぞみ小学校。

しかし、実際のアクセスは、反対側の出口から

ぐるっと回らなければならず、徒歩でも10分以上…

 

それが今日、ついに連絡通路の開通!

ということで、本日10時から、開通式が行われました。

f:id:kaichinozomi:20190328183110j:plain

橋の名前は「きずな橋」です。

のぞみ小の4・5年生のアイデアの中から選ばれたものです。

f:id:kaichinozomi:20190328183330j:plain

開通式に参加した4名の児童が

守谷市つくばみらい市の両市長と共に、

開通した橋を渡ります。

新守谷駅から学校側に歩いています)

f:id:kaichinozomi:20190328183730j:plain

この階段を降り切ると、すぐに開智望小学校の門です。

つまり、本当にアクセスがよくなりました!

この橋を利用することで、新守谷駅をまたぐ

両側への行き来が非常に便利になり、

様々な変化をうむことになると思います。

f:id:kaichinozomi:20190328184358j:plain

最後に、青木理事長が開通式で話した内容と

このブログのタイトルについて…

 

 守谷市つくばみらい市の両市に橋をかける。

 そこに開智学園が加わって、両者をつなぐ。

 さらに、「橋をかける」ということの意味を考えてみると…

 ・世界との懸け橋になる(懸け橋になる:新たな場所と「つながる」)

 ・危ない橋を渡る(危険と分かっていても、「チャレンジする」)

 ・石橋を叩いて渡る

  (用心を重ねて慎重に、つまり「集中する」、着実に積み重ねていく)

 開智望の教育は、世界に貢献できる人材となるために、

 様々な橋をかけながら、子どもたちが成長していく。

 

この橋を作る工事と共に、現在学校では、

中等教育学校の建設が毎日どんどん進んでいます。

 

新しいものが作られ、多くのものがつながっていきます。

4月からは、のぞみも新たなステージ

(国際バカロレア中等教育プログラム:IB MYP)

に向けた動きがスタートします。

 

子どもたちもが成長する中で、

一人ひとりが社会への貢献がどんどんできるよう、

関わる多くの方への感謝の気持ちを忘れず、

地域の力もお借りしながら、学校と家庭が一体となって

サポートしていきたいと思います。

 

どうぞ「きずな橋」を使って、

多くの皆さまがのぞみ小に来られることを楽しみにしています★