読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱く伝え続ける「どのように学ぶのか?」

最初の1週間が過ぎ、授業も本格的に始まりました。

先週少し4年生の話題に触れましたが、

授業の様子を通じて、この子たちに

徹底的に伝えていることを1つ紹介します。

 

昨年から継続して伝えていることがいくつかあり、

小出しに取り上げようと思いますが、今回お伝えするのは

 「みんなで学ぶ」

ということの大切さについてです。

f:id:kaichinozomi:20170422213536j:plain

これは、春休みに出した算数の宿題について、

みんなで答えを確認し、互いに異なる解答だった場合は

それぞれ手を動かしながら、やり方を議論しつつ、

自分の算数の力を高めるという時間です。

f:id:kaichinozomi:20170422214307j:plain

何を子どもたちに継続して強く伝えているか?

それは

 「学校で勉強しているのはなぜか?」

という問いです。

 

自分で黙々と考えたり、調べたり、問題を解くだけなら

極端なことを言えば自分一人でもできます。

学校で、クラスメイトがいる状況での学びは、

 ・わからないところを教えてもらうことができる

 ・教えることにより、教える人も理解を深められる

 ・自分以外の意見を聞くことができる

 ・自分が調べたり考えたりしたこと以外の学びを

  聞くことができる(つまり人数分の知識が得られる)

などなど…あげればいろいろな効果があります。

f:id:kaichinozomi:20170422214938j:plain

「話を聞きなさい」「静かにしなさい」

それはお行儀の良さを求めているのではなく、

その貴重な時間を深い学びが得られる時間として

大切に使うため…そう子どもたちには伝えています。

 

勿論、段々と子どもたちはその大切さに気づき、

自然に相手の話に耳を傾ける姿勢が身につきます。

また、そうした学びを互いにできたことを喜び、

話し合いや必死に作業をした後、自然と拍手をして、

互いの頑張り・達成感をたたえあうようになります。

f:id:kaichinozomi:20170422215316j:plain

このように学んでいる子どもたちを見られる瞬間、

こちらも本当に何とも言えない満たされた気持ちになります。

新学習指導要領「主体的で対話的な深い学び」、

望小の学び、ぜひ来週の説明会でもお伝えできればと思います!